1. HOME
  2. ブログ
  3. 走り続けるために絶対必要なこと【第16回RUN LAB@横浜】

走り続けるために絶対必要なこと【第16回RUN LAB@横浜】

8月30日(日)横浜みなとみらいにて
『あなたの走りがもっと快適になるランニングイベント』
の第16回を開催いたしました。

山下公園も人影まばら・・・(寂)


緊急事態宣言を受けてイベントを休止してから半年。
マラソン大会も中止が続く中ですが、
みんなで走って元気になりたい!というお声も頂戴し
復活開催を決断いたしました。

ご理解の上参加してくださった皆さまに感謝申し上げます。
今回はやむなくお休みされた方にもパワーが届いていますように。

今回はレギュラーシリーズをお休みして
「テレワーク中もケガしない身体の使い方」
について触れました。

↓過去開催の振り返りはこちらから↓
第1回第2回第3回第4回第5回第6回
第7回第8回第9回第10回第11回第12回
第13回第14回第15回

あれ?なんで?がチャンスになる

今回の動きのスタートは、
ちょうど一年前に
同じ山下公園の芝生で行ったストレッチから。


「あれ?イタタタ」と感じた場所を整える動きは?
整える動きを邪魔するこわばりをほどくには?
チャンスとばかり一歩ずつ戻って、
そこからまた前進という流れで進めました。


同じように行っているつもりなのに
去年の夏より運動してるはずなのに

なんでこんなに硬さを感じるんでしょうね??

リモートワークで抜けがちなトレーニング

コロナ禍で変わった私たちの働き方。

通勤がなくなった分、走る時間が増えました!
という方も多いことかと思います。

走る時間が増えた分健康になる、が理想の姿ですが
どうやらそれだけではなさそうで、、、
足底、膝、腰あたりの不調を訴える方もなかなか増えています。
(RUN LAB@横浜のトレーナー調べ)



筋トレ、してる
小まめに走ってもいる

でもそれより大事なのはたった一つ。


”うっすら毎日行う日常動作による筋トレ”



楽しいランライフは日常生活の上に成り立ちます。

特別なトレーニングも
長い時間の走り込みも
高機能なランニングギアだって
毎日生活するための動作が下支えしてくれている。

RUN LAB@横浜はそう考えています。

走り続けるモチベーション

集合写真もSocial Distancingで


マスク越しながら
ソーシャルディスタンスながら
やはり誰かと走る、って本当に楽しい!

私たちが走り続けるために絶対必要なこと、
イベント再開で改めて気づかせていただきました。


ランニングはライフスタイル

レースないし・・・
何だか億劫になっちゃったし・・・
そんなあなたが走り始めるきっかけづくりに
RUN LAB@横浜がお役に立てたら嬉しいです。

次回は涼しくなった10月に。
同じように動きのベースを確認する内容を予定しています。


また元気な顔で集まれますように。
あなたのご参加、トレーナー一同お待ちしております^^



=担当トレーナー=
寿 絵美子 <JRTAマスタートレーナー/JRTA認定講師>
八田  豊 <JRTAマスタートレーナー>


関連記事

検索

Facebook